てふてふや

手作り作品の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

剣菊の作り方 ③

前回

7.
   PIC_0107_20090629125348.jpg


までご紹介しましたので続きを紹介したいと思います。


8. 角にある線Aの右横の折り線Bを山折りにし、Cの線に合わせて折る。

   PIC_0107 2 説明しているところ

   PIC_0108_20090630232515.jpg 折り終わったところ


9. 角にある線Aを線Bに合わせておる。

   PIC_0108 2 説明しているところ

   PIC_0109_20090630232839.jpg 折り終わったところ


10. 角Aの辺を三角の真ん中にある線Bに合わせておる。

   PIC_0109 2 説明しているところ

   PIC_0110_20090630233240.jpg 折り終わったところ


11. 10で折った部分を戻し、先ほど折り線をつけた線Aと線Bを利用して右の部分を開く。アルファベットの方から指を入れて、つぶすように開く。

   PIC_0110 2 説明しているところ

   PIC_0111_20090630234214.jpg 折り終わったところ

これでパーツの完成です。

剣菊一つに対して8個のパーツを使用します。


次回はパーツを組み合わせて形にしていきます。
 



スポンサーサイト
おりがみ | コメント:0 | トラックバック:0 |

剣菊の作り方 ②

前回

   PIC_0033_20090627005708.jpg

こちらまでご紹介いたしましたので、続きを紹介したいと思います。


5. 4で折ったところを開き、3の状態に戻します。

   PIC_0032_20090627005558.jpg


6. 右上の斜めの線の間についている折筋に右下の部分をあわせて折る。

   PIC_0033 2  おりかた説明


   PIC_0105_20090629124927.jpg 折り終わったところ


6. 5でしっかりと織り筋をつけたのを確認し、すべて開く。

   PIC_0106_20090629125046.jpg


7. 半分に折る(折る方向に注意)

   PIC_0106 2 おりかた説明 右側に織り筋がたくさんついています。


   PIC_0107_20090629125348.jpg 折り終わったところ



次回に続きます。





おりがみ | コメント:0 | トラックバック:0 |

剣菊の作り方 ①

前回ご紹介いたしましたおりがみの「剣菊」のおりかたについて何回かに分けてご紹介したいと思います。


1. 色のついた面を内側にして横に折る

   PIC_0072_20090627005358.jpg


2. 一度開き、今度は縦に折る

   PIC_0075_20090627005444.jpg


3. また開いて今度は角と角を合わせるように半分に折る

   PIC_0032_20090627005558.jpg


4. さらに半分に折る


   PIC_0032 2

折り終わった状態

   PIC_0033_20090627005708.jpg



中途半端ですが、次回に続きます。





おりがみ | コメント:0 | トラックバック:0 |

剣菊

たまたまおもしろそうなおりがみの本のシリーズを見つけたので折ってみました。


   PIC_0081_20090625003429.jpg


「剣菊」です。

いろいろおもしろそうなものはあったんですが、とりあえず最初に紹介されていたものを折ってみました。


六枚のおりがみを組み合わせて一つの花ができあがっています。

「剣菊」というもの自体がわからないのでなんともいえませんが、どちらかというと風車のような気がします。


『おりがみ 花の模様』 布施知子著 2009年2月25日 誠文堂新光社
という本でしたが、他にも『おりがみ 入れ子の箱』『おりがみ 星と雪の模様』といった本もありました。


気になる方は本屋さんか図書館を覗いてみてくださいね。





おりがみ | コメント:0 | トラックバック:0 |

完成

今回は袖つけと端処理です。


   PIC_0048_20090622231331.jpg


初の袖つけは、まず合印を待ち針でとめ、そのほかの部分を裏と表の線をを確認しつつ待ち針をうっていきました。

袖の部分はカーブのため、他の部分よりもかなり多く待ち針をうちました。

2cm間隔くらいでしょうか。

心配だったので、待ち針がありすぎてミシンをかけにくい、というくらい待ち針をうってからミシンをかけました。


待ち針を一本ずつはずしながらゆっくりと縫っていきましたが、裏返す時はどきどきでした。

待ち針をたくさんうったかいがあったのか、無事に縫えてよかったです。


ここまでくると後は、端の処理だけです。

袖口とすそを三つ折りにしてからミシンをかけていよいよ完成です。

袖付けではカーブが大変でしたが、今度は直線だったのですごく気楽に縫うことができました。

うっかり気を抜きすぎて、曲がっている、、、ということにもならなかったのでよかったです。



こちらが完成した


   PIC_0049_20090622231356.jpg


ナイトウェアです。


こちらのナイトウェアは去年NHKの「おしゃれ工房」で紹介されていたものです。

テレビで見て、いいなー、作ってみたいなー、と思っていたものをようやく作り上げることができました。

洋服を作るのは初めてだったので、できたときなぜか、びっくりしてしまいました。

大きな布、というよりも布自体あまり扱ったことがなかったため、大変でしたが楽しく作ることができました。





未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

見返し

身頃部分の縫い合わせが終わりましたので、今度は見返し部分を縫い付けます。


   PIC_0113_20090622020847.jpg


写真に写っているのは前見返しのほうで、見返しの下の方にひだが見えるでしょうか。

見返しの下にスモッキング刺繍をした部分が隠れています。

スモッキング刺繍の部分はもこもこしていて着心地がよくないため、見返しが少し大きめになっているみたいです。


首周りはミシンで縫っておりますが、反対側は所々ちくちくと手縫いで押さえております。

なるべく目立たない色の糸を使うとはいえ、縫い目が見えてしまうので慎重に縫ったところ、思いのほか時間がかかってしまい大変でした。



次は袖つけに挑戦です。


カーブなので難しそうです。





未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

取り付け中

前回スモッキング刺繍をご紹介いたしました。


今回はその続きで、スモッキングした生地を取り付けます。


   PIC_0101_20090618232907.jpg


スモッキングのところの生地がもこもこしていて縫うのが大変でした。


ずれないように押さえつつ

少しずつ少しずつ

恐る恐る

ミシンをかけていきました。


何とか無事に完了し、そろそろ全体の半分くらいできたでしょうか。


ここまできていまさらですが、ようやく完成できそうだな、という気がしてきました。





未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

5/26 に続きまして

今回は5/26日にご紹介した

こちらの記事 http://tefutefuya1.blog110.fc2.com/blog-entry-267.html の続きです。


少し大きめの物を制作しているところですが、

初めてスモッキング刺繍に挑戦しました。


   PIC_0100_20090616232826.jpg


これがなかなか難しく、
最初の時は最後まで縫ったものをほどくことになってしまいました、、、。

二度目はなんとなく要領がわかったため、なんとか無事にできました。

一列、二列と進んでいくうちに「ひだ」ができてきておもしろかったのです。





未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

本日のおやつ

今日はプリンのご紹介です。


   PIC_0005_20090608203603.jpg


以前一度作ったプリンをもう一度食べたいなー、と思い、うろ覚えながら作ってみました。

オーブンで焼くのではなく、蒸し器で蒸しております。

上から何かかけようと思ったためカラメルは入れていません。
そのため、プリン、、、ではありますが一瞬何かわからない感じです。


何をかけていただいたかというと、メープルシロップとカルーアをかけてみました。

どちらもおいしかったのですが、メープルシロップは少し甘さが強く、カルーアの方がほんのり珈琲風味になりおいしかったです。





お菓子 | コメント:0 | トラックバック:0 |

納品 ⑤

今回も紅茶のお店ニュアージュさんへ納品した作品の紹介です。


前回ご紹介した

   PIC_0073_20090608203245.jpg


こちらのミニバラの別バージョンも制作してみました。


   PIC_0075_20090608203329.jpg


ミニバラのブローチです。

同じ形のミニバラをブローチ金具に付けてブローチにしたててみました。

ヘアピンよりも細い糸を使用しているため、一回り小さくなっております。

色は赤というよりも深みのある臙脂のような色です。

ブローチ金具は初めてのため、外れないようにしっかりと、と思いながら金具に付けたのですが、要領がわからず大変でした。


5回に分けて紅茶のお店ニュアージュさんへ納品した作品をご紹介してまいりましたが、今回が最後です。

今回は珍しくもいろいろと納品してきた気がします。


もし、紅茶のお店ニュアージュさんのお近くを通られる際にはぜひお立ち寄りくださいね。





未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

納品 ④

前回ご紹介した


   PIC_0066_20090608203142.jpg

こちらのミニバラのヘアピンの色違いも制作しました。


   PIC_0069_20090608203210.jpg


こちらの青いミニバラです。


同じメーカーの色違いの毛糸を使用し、同じ編み方をしているのですが、


二つ並べてみると


   PIC_0073_20090608203245.jpg


どことなく、違って見えます。

ピンクの方が丸くまとまっていて、青い方が広がった感じになってしまいました。

色違いなので、なるべく同じになるようにしたかったのですが、なかなかまったく同じとはいかないようです。





未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

納品 ③

今回も紅茶のお店ニュアージュさんへ納品した作品の紹介です。


   PIC_0066_20090608203142.jpg

ヘアアクセサリーを作ってみました。


まず最初に花を編み、その後に何にしようかと考えました。

ヘアピンつけたら簪のようになるかなと思い、Uピンに花をつけてヘアアクセサリーにしてみました。


何の花かわかりにくいと思いますが、一応ミニバラのつもりです。

少しはそれらしく見えているといいのですが、、、。


お店にお立ち寄りの際はぜひお手にとってご覧になってくださいね。





未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

納品 ②

前回の続きとなりますが、今回もう一つシュシュを紅茶のお店ニュアージュさんに納品してまいりました。


   PIC_0062_20090528230025.jpg



オレンジのグラデーションの糸をしようしてみました。


雑貨に適した糸ということで、ふわふわというよりもさらさらした感じで、麻紐のような紐に近い手触りのけいとでした。

こちらの糸は少しほそめのため、他のものよりもかなりひだの数が多くなりました。





未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

納品 ①

今回は紅茶のお店ニュアージュさんへ納品した作品のご紹介です。


まずは、以前ご紹介したこちらの2作です。

   PIC_0053_20090528225843.jpg


   PIC_0055_20090528225905.jpg


水色のグラデーションと色違いのピンク色のシュシュも納品しました。


   PIC_0058.jpg


こちらですが、水色よりも一回り小さめにしてみました。

   PIC_0059_20090528225954.jpg


並べるとなんとなく大きさの違いがわかる、でしょうか。





未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

紅茶のお店 ニュアージュさん

本日、紅茶のお店ニュアージュさんに行ってまいりました。


   PIC_0089_20090602235713.jpg


   PIC_0093_20090602235804.jpg


こんな感じです。


いくつか納品いたしましたが、この状態でわかるでしょうか。


詳しくは次回以降に紹介したいと思います。



最後になりましたが、作品をお手にとっていただいたお客様、ご購入いただいたお客様、ありがとうございました。



委託先

紅茶のお店 ニュアージュ

札幌市清田区平岡2条5丁目3番5号 ミドリMS1階 (ピンク色3階建てマンションの1階)

営業時間  10:00~19:00
日曜定休  年末年始休業

おいしい紅茶といろいろな作家さんの作品が展示販売されていますので、お近くを通られた際にはぜひ、お立ち寄りくださいね。ノンカフェイン紅茶などの体に優しいものもたくさんありますよ。





未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。