てふてふや

手作り作品の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

おりがみの豆本の作りかた  後編

前回紹介したおりがみの豆本の作りかたの続きをご紹介したいと思います。


6.切込みを入れる

   PIC_0123 2

写真のように右に折った紙の輪の部分がくるようにおき、線にそって真ん中の折り線が交わる部分まで切り込みを入れる。


7.おりがみを開く

   PIC_0124.jpg

切込みが写真のように真ん中にあることを確認する。


8.写真の線の部分を左右それぞれの手でつまむ。

   PIC_0124 2

   PIC_0128.jpg


9.真ん中の空洞の部分をつぶすように左右の手を合わせる。

   PIC_0129.jpg


10.写真の矢印のように折り線にそっておる。
   
   PIC_0129 2

   PIC_0130.jpg


11.完成。手にとってできばえを確かめる。

   PIC_0126.jpg


といった感じで豆本はできあがりますが、いかがでしょうか。
何かを見ながらおったわけではないので、これで正しい作りかたなのかはわかりませんが、とりあえず形にはなるかと思います。

ページ数には限りがありますが、最初の紙のどの部分が最終的にどの部分になるのかがわかりやすいので、最初に本文をいれる場合にはいいのだろうなーという感じでした。

長方形の紙とはさみもしくはカッターがあれば簡単にできますのでお暇な時にでもどうぞ。



スポンサーサイト

おりがみ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<タイトルなし | HOME | おりがみの豆本の作りかた  前編>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。