てふてふや

手作り作品の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

剣菊 ④

前回

11.

   PIC_0111_20090630234214.jpg

パーツの完成まで紹介しましたので、今回はパーツの組み合わせ方を紹介したいと思います。


12. 1~11の手順を繰り返し、同じものを8個用意します。


   PIC_0114_20090703014816.jpg

組み合わせ方がわかりやすいように二色にしてみました。


13. まず二つ用意します。下記の写真のように左側にあるAの右角を右にあるBの左角の上にのせます。

   PIC_0115 2


そのままAの方を右側に滑らせ、線Aの下に入れます。

   PIC_0117_20090703020029.jpg 入れ終わったところ
  

14. 裏に返します。

   PIC_0118_20090703020035.jpg

15. まず赤い方の角を線のところで手前側に折り、上にある白いおりがみとの間に折りいれます。

   PIC_0118 2

次に白い方の角を向こう側に折り、赤いおりがみをはさむように折りいれます。

   PIC_0104_20090703020048.jpg 折り終わったところ

16. 同じことを繰り返し8個すべてをつなげます。

   PIC_0102_20090703020139.jpg 折り終わったところ


17. 表に返して完成

   PIC_0103_20090703020145.jpg


ようやく剣菊の完成です。
 
なんとなくおわかりいただけたでしょうか。


もっと詳しく知りたいという方は 『おりがみ 花の模様』 布施知子著 2009年2月25日 誠文堂新光社 をご覧になってみてくださいね。もっとわかりやすく説明されています。

最初は同じものを8個も折る、ということで大変かもしれない、と思っておりましたが一つ一つはそれほど難しくもなくするするとでき、無事完成できました。

パーツを組み合わせるタイプのおりがみはなかなか折ったことがありませんでしたが、おもしろかったです。




スポンサーサイト

おりがみ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バルーンアート | HOME | 剣菊の作り方 ③>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。