てふてふや

手作り作品の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

本日のおやつ

ルバーブという植物はご存知でしょうか。

シベリア南部原産の多年草で、日本ではあまり有名ではありませんが和名は食用大黄(ショクヨウダイオウ)といいます。

フキのような大きな葉と太い茎の植物です。


今回はそのルバーブを使いパイを作りました。


   PIC_0184.jpg


葉はシュウ酸が含まれているため食用にならず、食用になる茎は場所によって赤かったり、緑だったりします。

そのためパイの中身はルバーブのみですが、焼きあがった時に隙間から赤や緑が見えてきれいです。


茎には独特の酸味があるのですが、パイにするとその酸味がおいしかったです。




スポンサーサイト

お菓子 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ルバーブ | HOME | ミニスタンプ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。